お客様のマイホーム購入・売却をとことんサポートします!

頭金を貯めてから買う、貯める前に買う、どっちがお得?

2019/08/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

貯める前に買って早く返済を終える方がお得です

マイホームを購入をするなら、頭金を多く入れたほうがいい。

ご両親やご親戚、会社の上司の方などからこのような話を聞いたことはありませんか?

『頭金をたくさん入れると住宅ローンで借りる金額が少なくなり、銀行に支払う利息が少なくてお得だから』というのが理由です。

確かに銀行に支払う利息は少なくなりますが、本当にお得なのでしょうか?

先に結論を言いますと、頭金を貯めている間にかかる家賃のぶんだけ損をすることになります。

理由は、昔と比べて今は住宅ローンの金利が低く、そこまで利息がかからないからです。

頭金を貯めている間にかかった家賃の方が高くつく

3500万円のお家を購入するAさんとBさんの例でみてみましょう。

Aさんは30歳で結婚すると同時に100万円の頭金でマイホームを購入し、3400万円のローン返済をスタートしました。

繰上げ返済をしなくても65歳には完済できる計画です。

一方、Bさんも30歳で結婚し、その時点での貯蓄は100万円、家賃10万円の借家暮らしです。

『家を買うなら1000万円以上貯まってからにした方がいい』と両親に言われ、40歳までの10年間に1000万円を貯めました。

そして、頭金1100万円、借入額2400万円でお家を購入。

Aさんよりも借入額が1000万円減るぶん、返済期間を短くし、65歳で完済する計画としました。

さて、結果はどうでしょうか。


◆Aさん
30歳で購入、頭金100万円、借入額3400万円、金利1.20%(全期間固定)、35年返済

毎月の返済額9万9178円、ボーナス返済なし

返済総額4165万円(うち利息分765万円)


◆Bさん
40歳で購入、頭金1100万円、借入額2400万円、金利1.20%(全期間固定)、25年返済

毎月の返済額9万2638円、ボーナス返済なし

総返済額2780万円(うち利息分380万円)

支払い利息の金額を見ると、Bさんの方が385万円得しています。

しかし、Bさんは頭金を貯めている間も家賃を払っていて、その金額は10年で1200万円にもなります。

トータルコストでは、Bさんの方が大きく損をする結果となりました。

まとめ

頭金を貯めた方が得だったのは、金利が高かった親世代の頃のお話。

今の時代、いつか買うのであれば、早めに買って少しでも早く返済を終えるのが得策です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© (株)エッジ公式サイト , 2019 All Rights Reserved.