お客様のマイホーム購入・売却をとことんサポートします!

マイホーム購入と教育費はセットで考えましょうー大学進学ー

2019/08/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

子ども手当+月1万円の貯蓄で大学進学費用は準備できる。

マイホーム購入を考えるときは、子どもの大学進学費用についても考えておきましょう。

なぜなら、マイホーム購入で資金を使い過ぎて、教育費が不足してしまうことを防ぐためです。

子どもに、『お金がないから大学は諦めて…』とは言いづらいですね。

しかし、無理して進学させた結果、家計が破綻したり、住宅ローンよりも金利の高い『教育ローン』を利用することになるのは避けたいところ。

マイホーム購入時に、あらかじめ大学進学費用の貯蓄計画を立てておけばこんなことにはなりません。

ポイントは、子ども手当+月1万円を貯蓄すること。

これで、大学進学費用の準備はバッチリです!

大学進学にかかるお金を把握する

まずは、大学進学にかかるお金を見てみましょう。

下の表は、文部科学省「私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人あたり)の調査(2014年)。

「国立大学の授業料その他の費用に関する省令」の標準額に基づく額を設定。公立大学は文部化科学省「平成29年度学生納付金調査結果」をもとに作成したものです。

 国立大学
4年間
公立大学
4年間
初年度82万円93万円
次年度以降54万円54万円
在学期間合計244万円255万円
毎月の費用
2年目以降
4万5000円4万5000円
 私立文系大学
4年間
私立理系大学
4年間
私立医歯系大学
6年間
初年度123万円164万円629万円
次年度以降98万円138万円525万円
在学期間合計417万円578万円3254万円
毎月の費用
2年目以降
8万1700円11万5000円43万7500円

この表をもとに、お子さんの進路を想定してみてください。

次に、今現在準備できているお金を把握します。

何も準備をしていなくても悩まないでください。

実は、国から支給されている『子ども手当』を貯蓄するだけで、国公立大学の授業料はほぼまかなえます。

0歳~3歳 1.5万円×12ヶ月×3年=54万円、3歳~15歳 1万円×12ヶ月×12年=144万円、合計198万円

公立大学の授業料は4年間で255万円ですから、かなり気分が楽になりますね。

仮に、私立文系大学への進学を想定する場合は、お子さんが生まれてから毎月コツコツ1万円を貯蓄します。

すると、1万円×12ヵ月×18年=216万円

子ども手当198万円+貯蓄216万円=合計414万円

これで私立大学への進学費用が準備できます。

もしも、子ども手当てや1万円貯蓄をスタートしていない方は、マイホーム購入の自己資金をそのぶん減らすか、不足分の貯蓄計画を立てましょう。

まとめ

大学にかかるお金は、月々払いではかなり負担が重くなります。

ですから、事前に貯蓄計画を立てる必要があります。

マイホーム購入時に大学進学を想定し、貯蓄と住宅ローン返済が両立できる計画を立てましょう。

マイホーム購入だけに気を取られていると、家計破綻を招いたり、住宅ローンよりも金利の高い教育ローンの利用で損をすることになりかねません。

もしも、考えるのが面倒であれば、私にご相談ください(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© (株)エッジ公式サイト , 2019 All Rights Reserved.