お客様のマイホーム購入・売却をとことんサポートします!

マイホーム購入と教育費はセットで考えましょう

2019/08/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

教育費の増加が家計を圧迫する

マイホーム購入では、自己資金に住宅ローンをプラスして資金を準備するのが一般的ですね。

住宅ローンの返済は、長い方で35年間と長期に渡ります。

返済の途中には、お子さんの進学や大学入学もあります。

教育費の負担が増えていくことを考えずにマイホーム購入してしまうと、後々家計が苦しくなるかもしれません。

教育費が最も高くなる時期にあわせて、住宅ローンの返済額を決めることが大切です。

オール私立なら小学校、オール公立なら中学校が教育費のピーク

まずは小学校、中学校、高校で必要な教育費の額を見てみましょう。

下のグラフは、文部科学省『子どもの学習調査費(2014年)』をもとに、幼稚園から高校までの1年間の教育費をまとめたものです。

グラフを見ると、オール私立の場合は小学校が年間154万円、オール公立の場合では中学校が年間48万円と教育費のピークとなっています。

月に平均すると、私立小学校13万円、公立中学校4万円です。

今、お子さんが公立小学校に通っているのであれば月3万円の教育費ですから、今後公立中学校へ進学すると月1万円アップすることになります。

仮に、公立中学校から私立高校へ進学した場合、私立高校の教育費は月8万円ですから今より5万円アップすることになります。

かなりの負担増ですね。想定していないと焦る金額です。

このように、マイホーム購入を考えるときはお子さんの今後の進路もある程度考えておく必要があります。

まとめ

マイホーム購入と教育費は人生3大支出のうちの2つです。

目先のことだけを考えていると、教育費の増加が家計を圧迫し、生活が苦しくなることも考えられます。

マイホーム購入を考えるときは、お子さんの今後の進路と教育費も一緒に考えるようにしましょう。

今現在、教育費の負担が少ない方は、ピーク時を基準として住宅ローンの返済額を決めると安心ですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© (株)エッジ公式サイト , 2019 All Rights Reserved.