ホームインスペクションとは

 ホームインスペクションとは、住宅に精通した専門家であるインスペクター(検査士)が行う診断サービスで、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見極め、アドバイスを行う専門業務を指します。

 住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前にインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができます。診断の方法は、目視で屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本です。

   

調査項目の一例

屋根や外壁、基礎の劣化状況を調査。著しいひび割れがあると、雨水が浸入する原因となり、建物の寿命が著しく低下します。
壁や床の傾斜を測定。建物が傾いていないかを調査します。傾きがある場合、建物だけでなく、身体にも影響が出る場合があります。
キッチンや洗面台など、給排水管の劣化を調査。水漏れしていないかを確認します。
屋根裏や床下の調査。雨漏りやシロアリが発生していないかを確認します。

© 2016 EDGE Co.,Ltd.