お客様のマイホーム購入・売却をとことんサポートします!

マンション購入は、修繕積立金の値上がりに注意しましょう

 
この記事を書いている人 - WRITER -

修繕積立金の安いマンションは要注意!

マンションを購入すると、毎月のローン返済以外に修繕積立金を支払う必要があります。

修繕積立金とは、分譲マンションで定期的に行われる大規模修繕に必要なお金をまかなうために、毎月徴収して積み立てておくお金のことをいいます。

新築時は、購入者が修繕積立一時金としてまとまった金額を支払っているため、毎月支払う修繕積立金が安く設定されています。

しかし、1回目の大規模修繕(築後10年~15年)を終えたマンションは修繕積立一時金を使ってしまっているため、毎月の修繕積立金を値上げする必要が出てきます。

ですから、マンションの購入を検討するときは、修繕積立金が安すぎないかを確認する必要があります。

マンション修繕積立金ガイドラインと比較する

修繕積立金が安すぎないかを確認するには、『マンション修繕積立金のガイドライン』が役立ちます。

これは、国土交通省が作成したもので、修繕積立金が妥当な金額かどうかを確認するための目安となるものです。

国土交通省がこのような目安をわざわざ作ったということは、全国的に問題になっているんでしょうね。

それでは、目安となる計算式をご紹介します。

【修繕積立金の目安=修繕積立金の平均値×購入予定のお部屋の床面積】

修繕積立金の平均値は下の表を参考にしてください。

建物の階数/建築延床面積平均値事例の3分の2が包含される幅
15階未満5000㎡未満218円/㎡・月165円~250円/㎡・月
5000~10000㎡202円/㎡・月140円~265円/㎡・月
10000㎡以上178円/㎡・月135円~220円/㎡・月
20階以上206円/㎡・月170円~245円/㎡・月

例えば、購入を予定しているマンションが15階未満、マンション全体の床面積が5000㎡未満の場合、修繕積立金の平均値は218円/月です。

購入を予定しているお部屋の床面積が75㎡だとすると、

平均値218円×お部屋の床面積75㎡=16350円/月

が修繕積立金の目安となります。

この金額よりも修繕積立金が低い場合は、今後の値上がりを考えておく必要があります。

まとめ

築年数の浅いマンションほど修繕積立金が値上がりする可能性が高くなります。

購入前に、『マンション修繕積立金のガイドライン』と比較して修繕積立金が安すぎないかを確認しましょう。

そうすれば、値上がりしても対処することができますね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© (株)エッジ公式サイト , 2019 All Rights Reserved.