建売住宅の見学で見るべきポイントー床下ー

2019/08/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

床下のゴミは要注意

建売住宅の見学で、まず見ることのない床下。

見られることがないからこそ、建築会社もつい気を抜いてしまう場所でもあります。

床下でチェックしたいのは、きちんと掃除がされているかどうかです。

床下に釘(くぎ)やゴミが散乱しているお家は、雑な工事が行われている可能性が高くなります。

床下を見れば、建てた人の姿勢がわかる

床下は暗くてよく見えないので、懐中電灯やスマホのライトを用意してください。

床下は、キッチンや洗面室の床にある点検口から見ることができます。

床下収納庫が付いている場合は、ケースも取り出してくださいね。

するとこのように床下が見えます。

まずはていねいに掃除されているお家の床下から。

きちんと掃除された床下はこんなにきれいです。

続いては、掃除がされていない床下です。

建築時に出た木くずや段ボール、ひもや袋が散乱しています。

床下は通常、1階の床を貼る前に大工さんが掃除をします。

掃除がされていないということは、大工さんとしては『それくらい問題ない』と考えているということ。

それに、現場を管理している現場監督さんの目も行き届いてないことがわかります。

普通なら、注意しますからね。

これでは、目に見えない部分でどのような工事が行われているのか心配になりますね。

まとめ

建売住宅の見学では、つい間取りや設備に目が行きがちです。

もしも、気になるお家に出会ったら、忘れずに床下を見るようにしてくださいね。

床下にゴミが散乱しているお家は要注意ですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.